社長&スタッフブログ

2020.12.31

イラスト NO.79

 前回のイラストに続くNO.79を年内に仕上げたいと思っていましたが、昨夜何とか描き上げて、ギリ、年内に収まりました。

先のD52に続いて、どう言うわけか今回はD62ですが、同系の機関車のイラストを続けて描くのは初めてですね。 D62が描きたかったからです。。。

描き始める前は、サクサクっと短時間で仕上げるつもりでしたが、今回は、、、今回も、調子が狂って描き直しを何か所か。 結局22時間ほどかかってしまいました。

さて、今回描いたのは姫路機関区所属のD6218号機で、同機には珍しい集煙装置付きのカマです。

山陽本線の難所のひとつである、兵庫~岡山県境の船坂峠を三石方から登って来てサミット越え。

山路を下って梨ケ原を通過すると、線路はやがて平坦部に出て、別名の大きな右カーブに差し掛かります。 

峠を下って来たD6218号機が右カーブに入ると、“大根のぶつ切り” と呼ばれた巨体が、カントの付いた線路の枕木を軋ませながら通過して行きました。

D52イラストのブログで触れましたが昭和35年の山陽本線岡山電化により、余剰となったD52は北海道に転属します。

そして兄弟機のD62は北海道には渡らず、東北本線で重量貨物列車の牽引に、昭和40年東北本線盛岡電化の翌年昭和41年まで活躍することになります。

D52密閉キャブ型は最大最強の機関車と書きましたが、このD62は、機関車本体の重量では我が国最大の重さの機関車です。

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

会社案内

株式会社旭ノ本金属工業所
〒671-0255
兵庫県姫路市花田町小川995

  • TEL:(079)-253-3607
  • FAX:(079)-253-5294
ページの先頭へ