社長&スタッフブログ

社長&スタッフブログ一覧

2020.02.25

車庫がわりのスペース

  先ごろお伝えした、新たに借りることになった廃作業場の建物を車庫代わりにして、2月初旬から使用しています。

この建屋は鉄骨スレートの出来てから50年以上経っているもので、おまけに代々メンテなどを一切せずの借主ばかりだったので、見た目は相当のボロ家です。

買い取ったものなら少しずつでも手をかけて、綺麗にしていきたいのですが、借り物ですから勝手なことは出来ませんし、他人様所有のものに自費でリニューアルするのももったいないですし。。。

6か所あるサッシ窓もガラス12枚中7枚が割れているか、ヒビが入っているという状態で。 これはさすがに直してもらいましたが。

社員さんの通勤用の車を置くのがメインですから、私個人所有の車を大きな顔をして止めるのは気が引けます。 休日前の夕方から休日中は、社用車2台以外は誰も車を置いていませんから、私個人の車も入れていますが。。。人目をはばかるようにして。

広いスペースは、ドアを大きく開けて乗り降りできるから、いいですねー。 普段は半あけのドアから体を捩るようにしてバケットシートにはまり込み、降りる時には乗る時よりも、さらなる苦行を強いられる駐車スペースしか持たない身には。 バケットシートのサポート部分のヤレ、クッションのへたりは、乗り降りの際の擦が原因ですからね。

2020.02.10

あわくら温泉に至らず

  ちーむめるへんの新年会ツーリングは、8~9日、あわくら温泉のあわくら荘で行われました。

今回私、前日の8日は参加出来ず、9日早朝にあわくら荘に行ってメンバーとツーリングを共にする予定でした。

が、ここ2、3日の急な寒波到来による雪で、果たして粟倉まで行けるのかどうか不安を抱えての出発になりました。

中国道の揖保川PAに入って粟倉あたりの状況を聞いてみると、昨夜一晩で15Cmくらいの積雪があって夏用タイヤでは危ないことがわかりました。それで、急遽行先を昼食場所の奈義町に変更することに決めました。 中国道を津山まで行って、そこからは53号線で奈義町です。 

中国道から北の山々を見ると全くの雪景色で、山崎を越えたあたりの山間部ではかなりの雪が舞い、陽の当らない場所の路面では危険を感じました。 

それでも1時間半ほどで昼食場所の奈義町のピザ屋さんLA GITAに到着しましたが、粟倉組は何時来るのかわかりません。 

早着しましたが、LA GITAはまだ開店準備中

近くの喫茶店に入ってモーニングを食べながら万事休す。ご一行様を待つことにしました。 

雪のない路面状態なら、粟倉からは1時間もかからないのですが。。。人の良さそうな喫茶店の年配ご夫婦と世間話をウダウダと。。。ここの店、コーヒーが300円、モーニングが100円、コーヒーおかわりは一杯100円でしたから合計500円ワンコインです。 津山価格は安いです。 

そうこうするうちに粟倉組から連絡があり、もうすぐ奈義町に到着するとのこと。 

以外に早く、皆さんご無事でなにより。 メンバーの中には久々にお会いする人も。合流後はいつものように、ワイワイガヤガヤで。 昼食のピザの注文を通すまでの時間のかかることかかること。。。しかし、ここのLA GITA、人気店ですねー。お客でいっぱいですね。ピザはおいしいです。  が、スパはイマイチでした。。。要らんことは書かない。

ご一行様と共に昼食です

小雪のちらつく天気もやや回復。昼食にもありつけたし、皆様とも合流。9台が勢ぞろいで、後は広域農道を南西に向かって高速バビューンですね。途中、ミスコースがあってタイムロスが30ほどありましたが、旧車レストアショップの OLD BOY にたどりつきコーヒータイムとなりました。 途中の広域農道は車も少なく、そこそこのペースでストレス無く走りが楽しめました。

今回の新年会ツーリングは、一応ここで解散です。

私は広島の店長の後に続いて出たのですが、続いて来るのはムハンマド1台だけ。中国道に入ってからはゆっくりと流していたのですが、後続組は来ませんでした。 

私は単独で姫路東を降りて、そのままフロッシュに、気になっていたキュルキュル音を見てもらいに。 ここでも後続組は来ずで、結局他のメンバーに挨拶もできずじまいでした。 

私は今回1日だけの参加でしたが、皆さんまた次回一緒に走りましょうね。

陽はもう暮れて今日1日、走行距離340Kmの中途半端なツーリングは終わりました。

山の中腹、道の駅からの眺めはまるで水墨画の世界

2020.02.03

新しい駐車場

  この度、当社の駐車場の半分を新たに借りることになりました。

今まで借りていた駐車場を返さなければならないようになって、代わりの駐車場を探していた時に、運よくすぐ近隣の貸工場のスペースを借りることが出来ました。

早速契約をして、一昨日2月1日から、ここのスペースに車を置いています。

ただこの工場の建物は築50年以上の、しかもあまり丁寧に使用されてきたものではなくて、かなりボロい物件です。

当社が使用するにあたって、補修したいところは山ほどありますが、ここは借り物でもありますし、DIYも適当におこなって、出来るだけ金を掛けずに、見栄えよくしたいと思っています。 工場建屋とその周りには13台ほど駐車出来ますので、ひと段落すれば、来社されるお客様にPRしたいと思います。 

真夏の太陽光、冬の風雪。 雨風はとりあえず凌げますので、これはこれで車にとってはいい環境の駐車スペースなのであります。 

2020.01.27

WILLER RAILS

   昨日の朝、NHKのテレビ番組ルソンの壺を何となく見ていました。

WILLERの社名が聞こえたので、深夜運行のバスの話題かと思っていましたら、鉄道話題です。WILLERの鉄道と言えば、2015年に発足した、北近畿タンゴ鉄道改め、京丹後鉄道です。

国鉄宮津線から国鉄民営化で北近畿タンゴ鉄道、そして京丹後鉄道へ。

さてさて、国鉄時代から北近畿タンゴ鉄道へと経営母体が変わっても、地域的なハンディもあって、ずーつと赤字運営でした。

WILLERと言えば元々旅行会社だったはずですが、一躍有名になったのが、夜行バス、長距離バスに女性客を取り込んだバス会社としてではないでしょうか。

 グループにはマーケティングをする会社もあって、女性客を取り込んだのもこのマーケティングからの改革だったようですが、地元の利を売りにして、海の幸、山の幸をサービスする観光列車“あかまつ”の運行など、昔では想像もしなかった鉄道に様変わりしたのも驚きです。

京丹後鉄道の調べでは、海外からの観光客はなぜか台湾人が多いとのデータが。早速台湾人対応の観光サービスが企画されたとのことでした。

鉄道に関連した観光地には、城崎温泉、伊根の舟屋、天橋立ということですから、今時そういうことなのでしょうが、私のような昔人間なら、コウノトリ、木津夕日ケ浦、天橋立、大江山の赤鬼、由良川河口に伝わる山椒大夫、丹後ちりめん。。。と言ったところですね。

 私が中学生から高校生時代、足しげく撮影に通った頃が懐かしく思い出されます。

 昔C58,今あかまつ。 利用客が多くなればいいですね。

 

2020.01.20

ダイハツ ネイキッド お譲りします!

  この度、当社の駐車場スペースの関係で、やむを得ずネイキッドを手放すことに決めました。

私はネイキッドが好きで、昨年の6月にボディーショップシミズさんから譲ってもらった車.

実は廃車寸前? のものでした。

捨てる神あれば拾う神あり。 こんな状態の車を綺麗な状態にして乗るのが趣味という私でして、一種の病気ですね。

しかし、各部を整備してパリッと蘇らせるのは、今までに何台も経験済みで楽しいものです。

もちろんのこと、金と時間はかかりますが、それがまた楽しいのですね。

艶のもう、ほとんど無いボディーを磨きにかけて、劣化したゴム類を新品にして、好みのホイールに変えて。。。

ミニライトの14インチにガンメタ塗装。車の金額よりも、こんなこだわりの方がはるかに高く付きました。。。 泣・嬉

走る、止まる、曲がる、走行に関わるところは手をかけて。 私個人的にはどこへ出しても恥ずかしくない車に仕上げたつもりです。

車検がもう3月末で切れますが、手放す気は全くなかったので各部整備済で、大阪の実家にも数回行きましたが、高速走行でも不具合は全くありません。

しかし、平成13年式ですから、もう19年目の車です。 旧車のわかる方で、末永く乗って頂けるなら価格応談ということでご連絡ください。 

ネイキッドは元々ちょっと変わった車ですから、販売されていた期間でもそれほど売れた車ではなかったのですが、今になって探してる人は結構いると聞きます。

ノンターボですから、走りは当時の軽のそれなりですが、ブレーキがよく効くので安心して乗れる車です。

私のネイキッドは、マジカルギアバージョンと言って、サイドとリアのペンギン潜水艦? へんなステッカーがオプションで付いていますよ。。。走りには関係ないか!

ページの先頭へ