社長&スタッフブログ

月別アーカイブ

2020.09.29

男のお茶の楽しみ方

  ロータリークラブの例会では、毎回、卓話の時間というものが設定されています。

これは毎週、様々な講演者にお越し頂き、あらゆるジャンルにわたって30分間講話をするものです。 講演者はロータリー以外の方もおれば、メンバーの場合もあります。

昨日の卓話は、当クラブのメンバー、小林松涛園の小林会員の講演で、タイトルは、“男のお茶の楽しみ方” でした。

その卓話の前に、昼食を済ませるのですが、卓話用に準備された茶碗、茶筌、上用饅頭もテーブルに置いてあります。

食後のデザートと間違って饅頭、食べてしまわないようにと注意をされました。 

さて、お茶の楽しみ方の講演です。簡単な説明を10分程聞いてから、実際に茶筌を使って、用意された抹茶の粉末を椀に入れて、点ててみます。

手、肩に力を入れず、手首のスナッチを効かせてくるくると。 ほい、クルクル、クルクル。。。10秒足らず、かな。

抹茶のいい香りが漂ってきますねー。

饅頭を半分割って口に入れ、抹茶を少し啜って。。。これは間違いらしくて、饅頭を全部食べてから、抹茶を頂く、というのが正しいらしいです。

他にも、少々作法を教えてもらいましたが、

さほど難しいことは無く。 

お茶って、こんなもんか? それは私たち向けのレベルなんでしょう。

で、“お茶の楽しみ方” はわかるけど、“男の” というのはなんやねん! 

お茶会で同席することのある女性の “きもの姿” と、お茶席での “立ち居振る舞い” ということらしいです。  

ああー、そこ! ですか。 なるほど、良くわかりました。 

ちなみに、女性のきもの姿はなぜ美しく見えるのか? 動きが制限されて、ゆっくりになるから、とか。

なるほど、そういうことなんですね。 これも良くわかります。 

2020.09.28

秋色深まる

  今年の猛暑もまたまた強烈でしたが、一気に涼しくなって、もう朝晩、肌寒い季節になってきました。

早いもので、もう後3日で9月も終わりですから、当然と言えば当然ですね。

毎日我が家のベランダから南の空を見ていると、その情景も秋の空です。

夕景も朝の空も、清冽な空気感が漂います。

昨日の夕景と

今朝の情景  

2020.09.24

セイコーワールドタイマー

  

 この程、結構な金額をはたいて、腕時計のオーバーホールをしました。

その時計はセイコークオーツ ワールドタイマー アラームクロノグラフ という長ったらしい名前の時計です。

今から30年近く前に、元町高架下の古物雑貨屋で買った時計で、値段は忘れましたが15000円位やったかな。

元々私、時計はコンビが好きだったので、陳列ケースにいくつもあった時計の中でもひと際目を引いたものでした。

店主とあれこれ時計談義をしてから頃合いをみて、「これ、もろとくから、ちょっと安うしてよ」 と言うと、「あんた、これ気に入ったみたいやな。 時計好きそうやし、ええわ、まけとく」と、あっさり。

セイコークオーツはわかるけど、ワールドタイマー アラームクロノグラフ というのが気に入りましたね。

その後、様々な腕時計を買いましたが、30年近くを経ても未だに手元にあって、しかも主力機の1本です。 

今までに、電池、皮ベルトの交換を数回経て、ようやく今回のオーバーホールに至ったわけです。 

実はこの時計、様々なギミック満載で大変面白い時計なんですね。 販売していた頃は当然取説はあったでしょうが、古物雑貨店で購入した時にはそんなものは無く、

今時インターネットで検索しても、説明書のようなものは出てきません。 正直私も、使い方自体がもうひとつよくわからん、と言った有様なんですが。

電池を交換するたびに、再起動や時刻合わせが時計屋さん泣かせ、といったような代物でもあるようです。

ちなみに、日本国内で一般の時計屋さんで販売していたものではなく、JAL国際便の乗客が、機内でのみ買うことが出来た、言わば国際線機内限定販売の時計なんですね。

確かに、秒針には赤いジェット旅客機が付いています。 (このことは、実は後に調べてわかったことで、買った時には知りませんでした。)

電池さえ交換しておれば何年経っても、全く狂わないと言っていいほど正確無比。 

クオーツやから、と言ってしまえばそうですが、さすが世界に冠たる日本のセイコーです。

ちなみに、裏蓋の刻印では、型式は 6M15-0020 A4 シリアルは060010。  この時計の10番目の品でしょうか?

2020.09.16

頂きもの

  今日、車の修理に石原自動車に行った時のこと。

石原さんが 「田路さんが来たらあげようと思ってたんや」 と。

また、何をくれるんですか? 鉄道の模型や。  ビビッ、何や何や?

石原さんが抱えてきたのは、ケースに入った大きなC57のディスプレイモデルです。

ありがとうございます! もらいます。。。 

で、車に積んで会社に持って帰りました。 この模型は極くまれにオークションなどでも見かけるものです。

機関車の全長はテンダーを含めて80Cmほどもある、結構大きなものです。 縮尺は表記がありませんが、実物のC57は全長が約20mですから、1/25ですね。

いつ頃作られた模型なのかは私にはわかりませんし、どこのメーカーのものだったかもわかりません。 ご存じの方は教えて下さいませ。

恐らく4~50年は経っているのでしょうが、保存状態も良く綺麗です。

早速、ササッと掃除をして飾ることにしましょう。 さて、結構な大きさなので、どこに置きましょうかね。

この手の模型は、鉄道模型の気がない製作メーカーが作ったものと、鉄道気があるメーカーが作ったものとでは出来に大きな差があり、気がないメーカーの製品は各部パーツなどの形状に難あり、実車のイメージとは相当かけ離れた製品もあります。

この模型に関しては全体的にまずまずの出来で、煙突、ドーム、安全弁台座などに小難はあるものの、C57独特の伸びやかでスマートな雰囲気が良く再現されています。

ギミックもボタンスイッチを押すと、ちゃんと動輪が回り、もちろん各ロッド類も作動しますし、現状は不具合でダメですが、汽笛も直せば鳴るようです。 

何とも頼もしい模型ですねー。

石原さん、ありがと!

2020.09.15

夏の終わり

  ここ数日、朝晩はめっきり涼しくなりました。

時候の挨拶も、残暑を飛び越えて白露の候になってしまいました。

今年の猛暑はまたまた各地で記録的な強烈さでしたから、秋への季節の移り変わりは嬉しいもんで、ホッとします。

今朝も涼しい南からの風が吹いていて、実に爽やかな朝でしたね。

写真は我が家のベランダから南側、午前6時25分の風景です。

2020.09.14

真鍮の小割ピン

  当社は割ピン専業メーカーですから、材質、サイズ、特殊形状品、表面処理など、一般的に使用されている割ピンなら、どんなものにでも対応しています。

そんな中でたまに訊かれるのが、真鍮割ピンの特にサイズが小さいものです。

何に使うのか? 

大方、精密工作の部材としてです。 

私がたまに使うのは鉄道模型の車両工作ですが、その他の真鍮工作として細密模型にも使用されているようです。 かなりマニアックな世界ですけど。

そんな時には割ピン本来の、ナットの緩み止め、脱落防止という使用目的以外で、主に丸線の保持部品として使用されることが多いです。

ここで言う小さいサイズとは、概ね径が2,0mm以下のものですが、当社で生産しているのは、径が0,8mmというのが最小径です。

ちなみに径は0,8、1,0、1,2、1,6、2,0 ~それ以上の径になります。 

さて欲しい時、どうしたら手に入れることができるのかわからないということがありますが、真鍮の小サイズ割ピンもそのようなものらしいです。

以前から、ネット通販や、ネットオークションなどに出品しようとも考えたのですが、何しろ割ピンそのものの金額が安い割に、送料、振り込み手数料などが高く付き、買う人からすれば、何をしているのかわからん、と言うことになりますので、していませんでした。

売る方にしても、品物よりも手数料、送料の方が高くなっては、何とかならんもんかね、となりますよね。

ちなみに、0,8mm径の真鍮割ピンは、長さ8mm、10mmが100本入390円、長さ15mmが100本入440円 (普通郵便なら送料込み) で価格設定です。

まず、割ピンのようなニッチな品物はそう売れるとは思いませんが、とりあえずは出品して見ましょうかね。

さてさて、出品カテゴリーはどこにするべ。

2020.09.13

944が3台

  昨日は朝からいつも通りのフロッシュ詣でです。 車をフロッシュに置いて、

ポルシェ仲間を待つ間に、時間が少々ありそうなので、お隣のFINEさんでモーニングコーヒーを。 

昨日も近所のオッチャン、オバチャンらでFINEは大変賑わっていました。

3~40分してからフロッシュに戻ろうと駐車スペースを見ると、何と、944が3台並んで停まっています。

ああ珍し! 滅多にお目にかかれない、絶滅危惧種の944が3台もお揃いで。

車のナンバーは、徳島、佐世保、そして私の姫路。  ターボが1台とS2が2台です。 

後で聞いたところ、たまたま整備で入っていた944が2台あって、そこに私が来たもんですから、せっかくなので3台並べて見た、とのことでしたが。

それにしても944が3台というのは、珍百景、ですよね。 

ただそれだけのことです。。。

2020.09.06

二代目のネイキッド

  先月末にボディショップシミズさんからダイハツネイキッドを頂きました。

先代のネイキッドは息子のところに行ってしまって1台欲しいなー、と思っていたところ、ネイキッド好きのシミズさんから、私の持っていたダイハツムーブと交換という形で、うちに来たわけです。

先代はノンターボで非力でしたが、今回来たのはターボですから、トルクがあり、ノンターボとは走りが全く違います。

ちょっとアクセルを踏み込むと、ホイールスピンをするくらいですし、登坂能力も十分にあります。

ボディーカラーはシルバーですが、あちこちにクリアーが落ちかけているので、艶が戻るのかどうかは処理して見ないとわかりませんね。

平成11年式ですから、もう22年か! とりあえずじっくりと手を入れていくつもりですが、タイベル交換とウォーターポンプのOHは最低したいので、

登録、車検を通して走れるようにするには、ちょっと時間と金がかかりそうです。 今、資金不足ですわ。。。

2020.09.03

唐三

  「天空の唐辛子」という、兵庫県は美方郡香美町小代 (みかたぐん かみちょう おじろ) という田舎の標高500mにある段々畑で栽培されている唐辛子があります。

この唐辛子と、地元美方米から仕込んだ麴、天然丸大豆しょうゆをじっくりと、3年以上かけて熟成させて生まれたのが、唐三(からぞう)という全く新しい調味料で、

唐辛子発酵調味料という商品です。

この唐三、この度新製品で売り出したというものではなく、もう発売されてから数年経つのですが評判も上々で、この程さらなる販売拡大を、ということになりました。

実は私、知人の酒屋さんが唐三プロジェクトが始めた時からそれを知っており、完成を心待ちにしていたのですが、約3年経って商品化出来るという時に頂きました。数年前の話です。

今までにはない、全く新しいタイプの唐辛子由来の調味料ということで、実際使ってみるとそれこそ和洋中、何にでも使えてよく馴染みます。

“料理を引き立てる万能タレ” というのが唐三のキャッチコピーですが、実際、餃子、刺身、天ぷら、揚げ物、、、それこそ万能、オールマイティですね。

もっぱら私は、調味料というよりも直接ご飯の上や冷やっこにかけて食べたりしておりますが。

発売以来数年を経て、オリジナルの唐三原液から派生した、淡辛、大辛口、そして最近発売となった青唐辛子とバリエーションも増えました。

この度、この唐三拡販のため、弊社でも取り扱いをして行こうと思っておりますので、ご用命の際にはお申しつけ下さいませ。

ページの先頭へ