社長&スタッフブログ

月別アーカイブ

2018.08.19

今年の鶉野詣で

  私は毎年、お盆前後に鶉野飛行場跡地にある、鶉野平和祈念の碑苑に立ち寄っています。

戦後73年という今年は、今日、行ってきました。

ここ飛行場跡地も、3、4年前から鶉野ミュージアム(仮称)の建設、紫電改の実物大模型の製作など、話題にかまびすしい昨今になってきましたが、紫電改の配属基地であった日本海軍姫路航空隊の記憶を後世に残すという意味では、喜ばしいことです。

その影響か、今までこの碑苑に来ても他の人に会ったことはそう無かったのですが、今日は車が4台停まっていました。

中には遠方のナンバーの車も。 お参りというより見学、と言ったほうがよさそうな人達が7人いました。

そのあと、開館日が限定されているので、どうせ行っても閉まっているのだろうと、滑走路のすぐ東側にある鶉野飛行場資料館に立ち寄りましたが、やっぱり閉まっていました。 

なんでも、北条のアスティア加西で、鶉野飛行場関連の展示会をしている旨の張り紙がありましたので、時間を見つけて行って見ましょう。

2018.08.17

昭和レトロ情景館 近況

  お盆休み、久々、気になっていた昭和レトロ情景館を覗いて見ました。

猛暑の中のお盆休み、ということで、お客はいるのかな?と、思っていましたが、いましたねー。

早いもので3月22日にオープンしてから5か月が経ちましたが、客足がそれほど落ち込むこともなく、超マニアックなテーマ館にしてみれば大健闘というところでしょう。

館長、休館日には新たな樹木の追加やジオラマの補修、車両の簡単な整備などを行っています。  しかし、足場の関係でレールの汚れが簡単に清掃出来ないのが泣き所で、さてどうしようか。。。 オープン以来、全く清掃していない山線ループ区間があったりするのです。

有り難いのは、線路と車両が馴染んできたのか、オープン当初はギクシャクしていた部分も、今ではカンタム蒸機が重連で、制動がかかることも無く走るので助かりますね。 もっとも、線路と相性良くない車両は運用から離脱した、ということもあるようですが。。。

2018.08.09

各務ヶ原まで

  昨日はお取引先様との商用で、各務ヶ原(かがみがはら)まで行ってきました。

はて、各務ヶ原と言っても、それどこ? 姫路あたりの普通の人なら、そういう感じでしょう。

各務ヶ原は岐阜県の町ですが、今年の夏は強烈なフェーン現象のせいで記録的な猛暑となって、連日、岐阜県や愛知県などが全国的にも最高気温を記録した地域として有名になってしまいました。 

その地域に出張ですから、いやはやご苦労なこって。   これぞ正しく、 飛んで火に入る夏の虫 ですね。

さて、姫路から各務ヶ原までの道程ですが、通常なら姫路から名古屋まで新幹線で、そこから名鉄に乗って鵜沼経由、となりますが、私の場合は、新幹線で米原まで行って、そこからは東海道本線を乗り継いで、大垣、岐阜、高山線で各務ヶ原まで、という経路を辿りました。

特に理由はありませんが、わざわざ名古屋まで行って戻るよりも、乗り継ぎが面倒でも道を戻るような無駄なことをしなくても。。。ということです。

実際、時間的には大きく変わらないので、余分な運賃を払わなくても、ということですね。

なんだかんだ、言ってはみても、やっぱり高山線の気動車に乗りたかっただけ?  まあ、そうかも知れません。 

気動車に乗るなら、もう少し長い距離を乗りたかったですがね。 各務ヶ原から先、鵜沼、坂祝、美濃太田。。。 

高山本線は沿線の渓谷美、日本一と言われ、かつてはC58の活躍した路線でした。

ページの先頭へ