社長&スタッフブログ

2021.12.20

VIVIOは甦ったのか 

  VIVIOは甦ったのか ブログは終わりになったと思っていたのですが。。。11月末までにVIVIOは全体的に不具合を直してもらって、さあ、これで全てよし、と思っていました。

へたっていた足回りはカヤバ製のショックが来たので、シミズさんに交換を依頼しました。

話は前後しますが、アクセルを踏み込んだ時の加速が、どうにもダルく感じていましたので、 (MT車で言うとちょうどクラッチが摩耗して滑っている感じ) CVTオイルの交換も頼んだのですが。。。

結果は、CVTユニットのオーバーホールということになりました。 やれやれ。

10日ほどが過ぎて、CVTユニットのオーバーホールをめでたく終え、18日夕、シミズさんとこからVIVIOを引き取ってきました。

もうこれで、すべてOK? のはずですが。  30年近く前の車ですから、こればっかりはわかりませんね。

けど、途中で止まる、ということにはならないはずです。

まだ気に入らない部分はいくつかあるのですが、これらについてはボチボチ、のつもりです。

さて、ひと通りの整備、修理を終えたVIVIO、さすがにスバル車ですねー。

走る・曲がる・止まる 性能はさすがです。 たかが軽! ですが良く出来た名車・奇車?だと思います。

ViVIO T-TOP、 長い間かかりましたが、ひと通りの作業を終えて、甦りました。  ああー、 ご苦労様でした。

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«12月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

フィード

会社案内

株式会社旭ノ本金属工業所
〒671-0255
兵庫県姫路市花田町小川995

  • TEL:(079)-253-3607
  • FAX:(079)-253-5294
ページの先頭へ