社長&スタッフブログ

2019.08.23

スバルのてんとう虫

  いつもブログネタになる近所の板金屋さんに、今度はスバル360が入って来ました。 

今回、積車に積んで来られたのは2台です。

早速、他人様の車を勝手にチェックしてみると、1台はレストア可のような状態で、もう1台のほうは、部品取りになるかならないか、と言った状態です。 この2台、同じように見えるのですが、作られた年代が違って、マイナー部分が少しずつ違います。

ここの板金屋さんには、もうずっと前から、ガレージに1台スバルが放置されており、これの部品取りのつもりで引いて来たのでしょうか。

スバル360は、軽の旧車では、ホンダのNコロと共に人気があり、現存するタマも多いですが、レストアして、キッチリと仕上げればいいものになるでしょうね。

ホワイトリボンのバイアスタイヤには、当然チューブが入っているからでしょう、今だにちゃんと空気が入っています。 が、

空気は一体、何時のものでしょうか?  昭和の空気の可能性も十分考えられますが、 

昭和の空気なら、どんな臭いか、嗅いで見たいような気もしますね。  お前は変態か!

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ