社長&スタッフブログ

2019.03.14

鉄旅 紀伊半島を巡る ③

  賢島駅まで戻ると、いよいよ しまかぜ に乗車します。 登場時に一度乗ったというK君以外はもちろん初めての乗車になります。

鳴り物入りで登場した時からはかなり時間が経ってますので、乗車率はどのくらいかな?と、見ると結構なお客が。 さすがに人気列車です。

賢島14時50分発の京都行に乗り込みます。 よくよく考えるに私は、しまかぜ どころか、近鉄特急そのものに乗った記憶がありませんので、この歳になって初めて? 大阪にいた時にも、国鉄と関西私鉄は競合路線が多く、もっぱら国鉄ファンであった私にしてみれば、私鉄利用は少なかったと思います。

6人用の個室ですから気兼ねなく飲み食い出来ますねー。。。 早速酒盛りが始まったようですが、私は眠気に勝てずに寝てしまったようです。せっかくの しまかぜ がもったいないことです。

旅は道ずれ。 喫煙ルームで一緒になったというオジサンをF君が連れてきて、今度は振る舞い酒ですか。 話し込んでみるとこのお方、何だか結構凄いお方で、話が面白くて、すぐに仲間同士のようになってしまいました。

 「ご家族は放っといていいんですか?」 

 「あー、孫にここにいるからと言ってるからええです」。。。  全く気楽なもんですね。

さてさて、しまかぜ は京都着17時38分。 到着後、ホームでしまかぜの女性クルーと記念写真を撮っていると、もともと乗り換え時間の少なかった新幹線ひかり477号に乗り遅れそうになってしまいました。 ホームに駆け上がると列車のドアが閉まる直前という有様で。

駆け込み乗車は危険ですからお止め下さい、と言われそうな状況でした。 最後になって乗り遅れてしまったらお笑いですよね。。。

紀伊半島を巡る旅は、何とか無事終わりました。 

さてさてお次の鉄旅は?  私は京都発、下関、 山陰本線全線677,3Km乗車の一泊二日の旅を企画します。

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

フィード

会社案内

株式会社旭ノ本金属工業所
〒671-0255
兵庫県姫路市花田町小川995

  • TEL:(079)-253-3607
  • FAX:(079)-253-5294
ページの先頭へ