社長&スタッフブログ

2018.10.16

飯田線全線走破の旅

  週末にオッサン4人衆乗り鉄、今回は飯田線に乗ってきました。 いつもながらのオッサンは、北君、原君、福岡君、そして私です。

昔、落石、今、秘境駅。 飯田線をひと言でいうならこんなところでしょうか。 愛知県豊橋から静岡県に入り長野県辰野に至る、全線約200Km、単線電化、95駅、各停では所要時間7時間を要する、というスーパーローカル線です。 近年の鉄道人気は鉄道ファンのみならず一般の人たちにも広がりを見せ、ちょっとした秘境駅ブームなども手伝って、秘境駅号という名の観光列車が季節的に運行されるというローカル線です。

秘境駅というのは、概ね、山間または原野の中にポツンと、あたりに人家も無くその駅の乗降客もほとんどない、なんでこんなところに駅があるの?といったような感じの駅のことですが、飯田線はその秘境駅の宝庫で、天竜川に沿って敷かれた路線には秘境駅が点在します。

本来、姫路発での飯田線走破は豊橋側から入るのでしょうが、私たちは長野県辰野から、飯田線に乗って南下、豊橋に至るコースを辿りました。

13日土曜日。 13時02分発の ひかり470号で名古屋まで行き、そこからは15時発の ワイドビューしなの17号 で中央西線を塩尻まで行きます。

福岡君は ワイドビューしなの の先頭車グリーン展望車を手配してくれていましたので、かぶりつき、行く手の景観が手に取るように見えます。

毎度のことながら、原君がグラス、ミネラルウォーター、ワイン、北君がウイスキー、福岡君が酒のあて各種、日本酒などを持参してくれますので、至れり尽くせり、と言ったところです。 私は手ぶらですから、いつも苦力役です。

塩尻までの2時間弱、グラスを片手に特等席からの眺めを楽しみます。 気分がいいのでアルコールがつい多くなって、すぐにほろ酔い状態になってしまいますね。 名古屋でお見送りを受けた松本さんの差し入れ、名古屋コーチンの手羽先。。。これは名古屋名物らしいですけど、スミマセン、私、鳥が一切ダメなもんで。 

さて、私たちは塩尻で中央本線の列車に乗り換えて、岡谷まで行きます。

飯田線は豊橋から辰野までの路線ですが、中央本線の上諏訪始発で飯田線に入る列車がありますから、上諏訪から辰野までの中間にある岡谷宿泊、と手配してくれたようです。 

岡谷到着は17時08分。 宿泊ホテルは駅前ですからすぐにチェックインして、夕食場所、旬魚と和食 太助 に急ぎました。 ここには地元諏訪から、高木さん、中村さん、2名の地元鉄にお越しいただき、我々と共に6名でのテツ宴会となりました。 黙っていても宴会は盛り上がりますよね。

       

トラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

フィード

会社案内

株式会社旭ノ本金属工業所
〒671-0255
兵庫県姫路市花田町小川995

  • TEL:(079)-253-3607
  • FAX:(079)-253-5294
ページの先頭へ