社長&スタッフブログ

月別アーカイブ

2017.11.30

2017年 ボツ写真集 その二

  さて、今日はボツ写真集の二回目です。

二回目は4月以降のボツです。 では。。。

                               2017.4.14 中央本線 奈良井

                            2017.4.14 中央本線 木曽福島駅前

                                    2017.5.5 御立公園

                                      2017.7.14 熊本駅前

                               2017.7.14 熊本市電 通町筋

                                     2017.7.14 熊本

2017.11.29

イッセイの近況

皆さんお久しぶりです。

イッセイです。
ずいぶん長い間放置してしまいました。

実は放置していた2年半の間に色んなことがありました。

2015年のお盆にはバイク事故で右足を粉砕し、足から骨がコンニチワする事態に。
入院と自宅療養で2ヶ月ほど会社を空けてしまいました。
色々と迷惑をかけてしまいました。
すみません。
あと、家族や友達や社員が色々と助けてくれました。
どうもありがとう。

不在でしたが同年9月には予定どおり「専務」に昇格しました。

2016年の2月には創立80周年の記念行事を行いました。
もちろん完治していない足を引きずっての参加です。笑

社員全員でアベノハルカスに昇り、道頓堀をクルージングしました。

2017年の正月にはおばあさん(母方)がなくなりました。
先代只野一位の妻です。
元旦に親戚全員が集まってるときに「なんか体がしんどいな~」と言って、1月5日に亡くなってしまいました。
92歳でした。
おばあさんは長年、我が実家の近所で一人暮らしをしていたのですが、年に1回親戚全員が集まってる中での体調不良でした。
これがもし正月でなければひっそりと孤独死してた可能性大です。(孤独死の定義は色々ありますが)
夏だと死後2時間で腐り始めるそうです。
それを考えると奇跡の亡くなり方です。
最高の死に方でしょう。
私はそう思います。
人の幸せというのはどのような「生き方」ではなく、どのような「死に方」をするかで決まるのではないかと考えさせられました。
孤独ではなく、家族に囲まれながら死にに行く。
私もおばあさんのような最後を迎えたいと思いました。

(在りし日のおじいさんとおばあさん)

9月にはなんと35歳にして白内障の手術をするハメに。
よほど日頃の行いが悪いのか・・なにせ30代で白内障とか聞いたことがありません。
10年ほど前から右目だけやたらと曇ってたんですね。
それで眼科に行ったんですがその時は症状が軽く、白内障とは診断されませんでした。
最近になっていよいよ物を見るのに支障が出るようになって、5年ぶりくらいに眼科に行ったら「あなた白内障ですよ」っていきなりの死刑宣告です。笑
ちなみに部分麻酔で、普通に意識がある中で目玉にメスを入れられるんです。

冗談抜きで死にそうになりました。

11月19日から22日までは中国・大連に行ってきました。

その模様は次回のブログにてお伝えします。

今は・・一応バイクには乗っているんですが、遠出することはなくなりました。

チームも抜けたので、一人で市内をパトロールするくらいです。

りあえずイッセイは元気ですよというご報告でした。

2017.11.29

2017年 ボツ写真集 その一

  2017年もあと余すところ1ヵ月となりました。

今年もいろいろなところに足を運びましたが、ロータリークラブの親睦旅行担当として、熊本には挨拶、下見、本番と、3回も行きました。遠方では長野、青森は下北半島まで。。。 何れもテツには無縁の旅にて、線路を横目に見て我慢我慢のことばかりでした。 本音は行く先々で時間を取ってテツのアルバイトをしたかったのですが勝手なことも出来ずに。。。

それでも、垣間見る感じではありましたが、ほんの少しのスキをついて一枚、二枚、シャッターを押すことも幾度か。。。

2017年の、ボツ テツ写真を整理してみました。 言っておきますが、ボツ写真集ですから。 

それではいきます。

                             2017.1.15 山陽本線 曽根ー別所

                                   2017.2.11 播但線 寺前

                                2017.2.28 網干駅南駐車場 

                                2017.3.4 山陽本線 御着

                             2017.4.2 近鉄南大阪線 道明寺

                             2017.4.14 中央本線 奈良井駅前

2017.11.28

チームめるへんの忘年会は その二

  部屋に帰ってからの二次会、私は12時前まで付き合っていましたが、睡魔に襲われて中座したようです。

調子に乗って飲み過ぎました。 いつものことですが。

朝、目が覚めたら隣に寝ていたはずのボスは、もう姿が見えませんので、朝ぶろに行ったのでしょう。 では私も。。。

2日目の出発は10時と、これもゆっくりしているので慌てることも無し。 メンバーお揃いで朝食でした。 

普段のツーリングでしたら朝から激走となりますが、今回は午前中にコーヒータイムを取ってから、昼にお決まりの千本本陣直行ですから、拍子抜けです。 ここでお先に失礼しますと、智頭急か姫新線でテツをしたい気分でした。 が、封印。 皆様の後をおとなしく付いて行きます。

辺りの山は紅葉も終わりといった風情で、北の山には一部冠雪がありましたから、もう冬景色ですね。 

あとしばらくすると山間の道は雪になり、ポルシェでは走れなくなりますから、今回の忘年会企画はシーズンラストの、時季を得たものであったのでしょう。 ゆったりまったりの温泉ツアーでした。

2017.11.27

チームめるへんの忘年会は

  今年も早いもので、もう11月も終わり。

いつの頃からか、私たちポルシェツーリング仲間は、ツーリングも去ることながら宴会が大好きな連中ばかりで、今では宴会がメインのような。

まあ、気の合った仲間同士ですから、泊りがけともなると、それはもう私も楽しみにしていますが。 元々、ご縁があって三朝ツーリングが恒例でしたが、最近はあちらこちらにツーリングです。

さて今回も、新幹線での遠来組、横浜、滋賀からポルシェで参加のメンバーが姫路、竜野に集合して、乗り合い、6台でツーリングをすることに。

まあ、今回はゆっくりと温泉に浸かって、宿の料理と酒、宴会を楽しもうと、いつもの過激な走り屋のツーリングではないはずでした。ゆっくりと忘年会を、という神戸のボスの提案でしたから。 中国山地の山間を北に。 旬の里 バイキングの昼食はボスのお勧めです。 メニュー豊富で、全く、何を食べようかと迷ってしまうくらいな。 ワイワイガヤガヤも楽しいですね。 

早く宿に行ってゆっくりと湯に浸かろう。。。けど、宿の部屋に入ったら、途端にビールの栓をプシュッ、のメンバーがいて、それ、フライングですがな。 夕食後の二次会では、自分が飲み食いする酒とあてはセルフで持参が今回のルールでしたから、コンビニに寄って適当に調達しました。

粟倉の湯はいいですねー。 ホッコリユッタリです。。。温泉は久しぶりのような。 外は冷えてきました。

部屋の窓からは、智頭急が遠望ができますが、ポルシェツーリングですから、テツは封印するつもり。。。 チョコッと、封が外れましたけどね。

夕食兼宴会は6時半から。 カニすき、すき焼き、ぼたん鍋、それぞれ3人前ずつのセッティングだったのですが、どれも美味しくて量も結構なもの。 食べているのか、呑んでいるのか、カラオケしてるのか、解らん状態の宴会になりました。 いつも宴会グッズをたくさん持ってくる名古屋のHさんは今回もどっさりと。すべてが100円ショップで調達といいますから大したもんです。    いやでも盛り上がります。

2017.11.23

祝 姫麟会 15周年

  昨日22日、プールガーデン付き邸宅 アーヴェリール迎賓館で、姫麟会発足15周年の記念パーティーが、50数名のメンバー出席で開催されました。

姫麟会は平成14年に、当時キリンビールの姫路支店に関東から転勤して来て、右も左もわからないM君を励まして、キリンビールを盛り上げようと、キリンビールのファン数人が集ったのが始まりでした。発起人は、M君の大学時代の先輩であるY君で、私もチャーターメンバーのひとりとしてとして参加したのを懐かしく思い出します。

2か月に一度くらいのペースで、不定期ではありますが幹事会を中心にメンバーが集まって、あちこちの飲食店でキリンビールを呑む会が開催されて今日に至る、というわけです。 キリンをメインで扱ってくれているお店には感謝の意を込めて、またそうでないお店には、キリンも置いてよ。。。というような感じで。 新製品の発売では試飲缶やら、その情報をいち早く頂いたり。

月日の経つのは早いもので、盛り上げる人物のM君も一昨年にキリンビールを退職、チャーターメンバーであった、キリンの社員さん、支店長さんも転勤、退職などで会は様変わりはしましたが、今でも姫麟会は隆々と続いています。

昨日は、各地から当時のメンバーが集まって、思い出話、昔話に花が咲きました。

姫麟会は、面倒くさい会の規約や入会金、会費などは一切ありません。お気楽にキリンビールを楽しみながらうまいもんを食う、といった感じのゆる~い会ですから、ビールのお好きな方のご参加お待ちしております。 

2017.11.21

コッパディ HIMEJI 2017 

  一年がかりで準備を進めてきた、コッパディ HIMEJI 2017 がいよいよ12月2~3日に開催されます。今、準備の最後の詰め、と言った状況です。

今回のエントリーは104台。各地から、滅多にお目にかかれないクラシックカーもエントリーしますから、当日、大手前公園では、華やかな車の祭典となります。

遠方からの参加車は前日から姫路入りし、朝8時頃から公園に続々と集結しますから、皆さまもどうぞ。

さて、このコッパディ HIMEJI 2017 における私の仕事はというと、メインスポンサーとなる住友ゴム工業ダンロップ様の協賛金の依頼と、参加車への景品グッズ、参加賞の協賛お願い、2日夜のホテルウエスティン淡路でのスポンサー挨拶の段取り等々です。

特別賞はタイヤ4本を提供頂くのですが、これは車によってサイズが異なるため目録となりますが、それ以外のダンロップグッズを先日送って頂きました。

キャップ、タオル、Tシャツ、ステッカー です。 

早速、実行委員会事務所に持って行って、賞品にさせていただきます。

ご協賛金、数々のダンロップグッズ、歓迎会でのご挨拶、多大なるご協力に感謝申し上げます。

2017.11.20

秋のフロッシュツーリング

  昨日は秋のフロッシュツーリングでした。 秋の、というよりも、昨日は天気は良いものの風がきつくて、もう冬のようです。寒いです。

朝10時に淡路SAの集合でしたが、遅れるといけないと思って早めに出たところ、意外に車が少なくて、すんなり淡路SAに到着しました。まだ9時を少し回ったところ。 しかし早い人は早い。 しばらくして我々のボス、神戸のIさん、他のメンバーも揃いました。

いつものことながら淡路SAは人でごった返していました。 軽いミーティングのあと、フロッシュツーリングはそぞろに淡路南SAに向けてフリー走行です。 集まったポルシェはこの日52台。 色とりどりのポルシェ風景は壮観です。 ちなみに私と同色のイエローは4台でした。

他の車の流れに乗って、120Km/hぐらいで走りますと、淡路島縦断はアッという間です。

                                                                                              ぶっ飛ぶ神戸の沢庵号

                                           淡路南SAにて

淡路南SAで10台ずつの組に分かれ、鳴門のホテルモアナコーストを目指します。 フロッシュツーリングでは2回目ですが、たくさんの車を一か所に停めさせてもらえるのでいい場所です。

夏場はオープンデッキのテラスですが、今は初冬ですからキャンバス地の屋根がかけらているスペースで昼食です。

参加者全員で100名ちかいですから、コース料理も大変ですが、ワイワイガヤガヤ、楽しい昼食です。 ビールを一杯といきたいところですが、ノンアルコールビールで我慢です。。。

昼食後はフロッシュ恒例のくじ引き大会。参加者には全車分の景品が当たります。 ちなみに私はガソリン添加剤と三輪のうどんでした。

さて昼食後はそれぞれ自由行動になりますが、我々グループ5台は走り足らんので、鳴門から坂東の “第九の里” 北灘から阿波街道を経由、鳴門自動車道に乗って帰るコースを取りました。

                                      夕暮れがせまる頃

早いもので夕暮れが迫ってきます。 海を見下ろす山間の駐車場に車を停めて、夕日をバックに記念写真。 さて、気を付けて神戸、姫路まで帰りましょう。 日が暮れてからの明石大橋走行は初めてでしたが、ライトアップはきれいですねー。

2017.11.14

熊本・天草・阿蘇へ

  先週末は姫路南ロータリークラブの親睦旅行で、熊本方面に行ってきました。

先週初めが青森行きでしたから、同じ週に青森、熊本に行ったことになります。 全くの東奔西走ですね。

今回の旅行は参加者が22名。11日土曜日の朝、姫路7時46分発の “さくら545号” で熊本に向かいました。 旅行の幹事をしている私は、添乗員なしの旅行のため、その代役をしなければなりませんので大変です。

全員無事集合。定時に姫路を出発しました。 車内では早速、積み込んだビールで乾杯が始まり、酒、ワインなどで酒が進みます。私たちの旅行ではアルコールの結構な量の準備が欠かせません。周りの乗客の迷惑にならんようにな。

熊本には10時35分着。 チャーターした九州産交のバスでまず天草、松島に向かいます。 天気は最高にいいです。 天草観光は風光明媚なところですから天気が良くないとね。。。

三角を抜け、天草五橋を渡って松島へ。島原半島を遠望しながら天草諸島の島々の景観を楽しみます。 アルコールが回ったメンバーは景色を楽しむことも無くお休みですが、この人たちは何をしに来ているんでしょうか? 朝が早かったからね。 寝てる子を起こすわけにもいかず。

時間の都合で松島での昼食は25分間という、うに海鮮丼御膳の、かき込みになってしまい申し訳なかったです。

それで三角までバスで戻って、この日のメインイベント “A列車で行こう4号” に乗車です。 バーカウンター付の豪華列車、熊本まで40分の短い時間ですが皆さん楽しんで頂けてたようで。。。もう少し長い時間、乗っていたい。

熊本まで戻った私たちは再びバスに乗って、宿泊先のホテル日航熊本に行きます。 早目の到着ですが、ホテル周辺はブラブラするところがありますし、夕食までは2時間半以上ありますからゆっくりしてください。 私は夜の交流会に向けてリハをするメンバーバンドにお付き合いです。

夕食は、ただの夕食ではなく、熊本南ロータリークラブとの交流会を企画しましたので、それの準備があります。 バンド演奏、お土産品、着席位置、姫路から持ち込んだ酒、交流会のシナリオチェック等々です。。。

6時30分からの交流会には熊本南さんから13名の参加を頂き、35名で行われました。 お互いのメンバー同志が盛り上がらなかったらどうしようかと心配もしていたのですが、親睦スタッフのシナリオがよく出来ていたのでしょう。 フタを開けてみれば、意に反して大盛り上がり、さすが同じロータリーメンバー同志ですね。 交流会のあとの二次会も、双方メンバーほぼ全員が参加いうことになりました。。。

2017.11.09

続・六ヶ所村まで

  視察先が難しい業務をしているところなので、柄にも無く復習などをしました。 改めて考えてみると、何と、とてつもなく巨大で大変な事業なわけで、遣われている資金も膨大なものです。 原子力発電による電力供給の後処理を一手に担っていると言っても過言ではない事業ですから当然ですね。

ただ、今は原発の稼動は全国で2基ですが、これが国の監査が終わって1基ずつでも稼動し出すと、中間処理、保管、仮置きなどが急激に増えて、最終処分地を早く決めなければどうにもならない、という事情があります。 ここがNUMOの出番なのです。

こんな事考え出すと、夜も寝られんようになってしまいます。。。 資料を見ていると難しいので寝てしまいましたが。

2日目  むつグランドホテルをバスで出発し、訪問先はリサイクル燃料貯蔵株式会社です。

ここは、東京電力と日本原子力発電とが使用した廃棄物が後処理、分別された後のリサイクル燃料を貯蔵、管理する施設です。 最終的な貯蔵量は5000トン。今は最初の貯蔵庫に貯蔵を行っているところで、ここがいっぱいになるまでに2番目の貯蔵庫を完成させなければなりません。

ちなみに、この貯蔵庫ですが、3000トン規模の第一貯蔵庫は131m×62m 高さ28mという巨大なコンクリートの建屋で、平成25年8月に竣工しています。 貯蔵庫の中で、キャスクと言われる金属容器に封印された燃料体が貯蔵され、最長50年というとてつもなく長い期間、保管されることになります。 考えてみれば、キャスクを貯蔵庫に入れた人は、50年先にはこの会社で作業していないわけで、保管期間が過ぎてキャスクが取り出されるときは、次世代のひとがその作業をすることになりますね。 

そんなことを考えながら、私たちは次の訪問地である、むつ科学技術館へと向かいました。

2017.11.08

六ヶ所村まで

  私はこの週初め6~7日に青森県は下北半島の六ケ所村、むつ市に行ってきました。

前回の青森訪問は2012年1月、津軽鉄道の撮影でしたから、もう5年前になります。月日の経つのは早いものです。

この度の青森行きは、姫路経営者協会主催の産業観光ツーリズムという年1回の旅行なのですが、去年の稚内地方、幌延に次いで原子力発電環境整備機構 (NUMO・ニューモ) さんがスポンサーです。

                                                          プロペラ機ボンバルディアで青森まで

6日は姫路を早朝に出発して伊丹空港から青森空港へ。 それからバスで、六ケ所村にある日本原燃(株)六ケ所原燃PRセンターへ行きました。 ここでは、PR館、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、再処理工場、低レベル放射性廃棄物埋設センターを視察しました。

何だか小難しい施設の名前が出てきますが、要は原子力発電に使用される燃料を、加工、再処理、廃棄処理準備、保管管理などを一括で扱う核燃料サイクル施設工場ということです。

広大な原野に、延々と塀がめぐらされた工場があり、この中だけはあたりの風景とは一線を画す別世界と言った感じで、巨大なコンクリートの建物が点在する一大基地といった形容がぴったりの施設です。

        PRセンターで施設と核燃料についての講義を受ける

敷地内は、各見学建屋が歩いて移動出来る距離ではなく、移動はすべて工場内専用バスとなりますから、バスに乗ったり降りたりと言う具合です。放射性物質を扱う施設ですから、当然セキュリティーは厳しく、見学者は必要情報をすべて登録、入構証になるカードには見学者のデータが入っています。工場内の入口ではそのカードをチェック機械に当ててOKになります。

おおまかな話しか出来ませんが、処理されて再使用される核燃料については再処理工場で加工され、低レベル放射性廃棄物は厳重に固められて埋設管理されますが、高レベル放射性廃棄物に関しては、最終処分地が未だ決まっていないために仮に保管管理されている状況です。

                                    PRセンター展望室から

NUMOという会社は、この高レベル放射性廃棄物の最終受け入れ、廃棄場所を建設するのが本来の仕事です。

この日の見学は少々緊張し、また話の内容が難しいため疲れました。朝も早かったですし。

私たちは原燃サイクル施設を後にして下北半島を北に。 むつ市のむつグランドホテルに向かいました。

2017.11.04

姫路の全国陶器市です

  今日の昼休み時間に、大手前公園で開催されている、全国陶器市を少し覗いて来ました。

例年のごとく陶器ファンで大盛況です。 正確な出店数はわかりませんが、30店以上はありました。

毎年訪問するのは、久谷焼きの窯元である百万石、吉田さんのブースです。 

いつものことながら、久谷は人気がありますねー。

折からのネコブームだから、というわけではないのですが、久谷焼きの招きネコは去年からひとつ欲しかったのです。

が、何しろ値段が。。。

吉田さんはお友達価格にしてくれるのですが、それでも結構なお値段です。

ムム―。。。やっぱり写真だけにしとこうか!    結局、写真撮るだけの冷やかしかえー。。。

こんな貧乏性ですから、私には運は転がり込んでは来ませんわ。。。

陶器市は明日、日曜日まで。 

2017.11.02

美術館の夕べ

  昨夜は姫路商工会議所青年部が開催した、“HIMEJI MUSEUM DINNER” というイベントに行ってきました。

この催しは普段、午後5時以降は入れない姫路美術館の前庭を4時から9時まで開放して、美術館で酒を嗜む、という前代未聞、空前絶後のユニークな企画でした。

姫路市内で営業するショットバー、ワインバー、飲食店が20店以上出店して、酒、食べ物を出していました。

設営されたテーブルで立食形式。この催しのコンセプトである、美術館で大人のディナーを、と言うにはいささか無理がありましたが、何しろ今回限りとの触れ込みでしたから大勢の人たちが集まり大盛況でした。

昨日は、11月の夜の野外イベントなので寒いだろうとコートを着て行ったのですが、天気も良く、寒くもなかったので良かったです。

ビールやら日本酒やらワインやらを少々。当ては、つまむ程度でしたが、酒も食べ物も価格設定が高くて、前売り券3000円がアッという間に無くなってしまいました。

会場では多くの知人と出会い、酒を片手に楽しい時間を過ごしましたが、市役所幹部の人は、もう大変な事業ですよ。9時にイベントが終わって、すべての片づけを終えて、夜中になりますよ。。。確かに。 大きなイベントに関わって来た私には、よーーく、解ります。

折角のユニークで楽しいイベントですから、そこを何とか。。。最初で最後、とは言わずに、続けて欲しいものです。

ページの先頭へ