社長&スタッフブログ

2018.05.14

1938Km 26時間の列車旅

  12,13日の2日間、私は、東洋フルーツ福岡君、クレール日笠の原君との3名で、1938km、駅改札口を出ない、26時間の乗り鉄をして来ました。

観光などは一切なしの、駅改札口を出ずに列車を乗り継いで、姫路から出て姫路に帰って来るという、一般の人には理解出来ない列車旅ということです。

いつでもそうですが、私は福岡君におんぶに抱っこ、何から何まで手配はすべてしてくれますので、これほど楽なことはないわけで。切符の手配、パンフ作りからおしぼり、紙コップまで。。。私が持参したのは、パンツシャツとタオル、歯ブラシくらいですかね。

おまけに原君が同行となると、酒類の手配もお任せで何も言うことなし。お見送り、途中でお迎えしてくれる知人達からも差し入れを沢山頂いて、嬉しい悲鳴状態です。

ではでは。

12日(土) 姫路駅14時集合で、先ずは新幹線 ひかり589号で岡山です。 今回は我々の企画を知った、折山君、中西君がお見送りしてくれたのですが、何故か岡山まで新幹線で同行です。中西君は息子さんを連れて。

岡山で、お見送りの3人とお別れして、15時04分発 特急やくも17号で伯備線、山陰本線に乗って一路出雲市へ。 

ここからは、今回の旅のメイン、出雲市18時51分発の 特急サンライズ出雲 に乗車して東京を目指します。

サンライズ出雲では、シングルツインという、2人使用が出来る個室を2室手配し、通路を挟んではいますが4人スペースで小宴会が出来ます。

当然のことながら、こんな状態でグタグタ言いながら酒を呑むのですが、サンライズというのは、東京に近づいた時間帯で日の出という意味ですから、ここでは宍道湖に沈む夕日を見ながらサンセットの列車旅です。

福岡君、原君とも様々な酒、当てを準備してくれて、なおかつ差し入れを沢山もらっていますから、個室はもう、置き場がないような状態です。

やくも で岡山出発直後からビールを始め、焼酎になっていましたので、サンライズに乗ってからは、ワインの栓を開ける状態になっていました。

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ