社長&スタッフブログ

2018.03.10

500円玉貯金のお召機

  この度当鉄道に、開業以来53年を経て、初めて蒸機のお召機が入線しました。

C51の239号機、天賞堂の大昔の製品 (恐らく1970年代前半頃の)で、しかも不動、塗装剥げも所々という代物です。 比較的近年のお召機の製品などは高くて、とても手が出ませんから、私が買おうというのは所詮こんな難あり品です。 不動の原因を探って見てわかればしめたものですが、原因がもひとつ分からない、あるいは原因すら調べずに放ったらかしの機関車も数々。 

このC51は折角の記念すべき第一号の蒸機お召機ですから、何としても走らすようにしなければ。 

ところでこのC51お召機は、私が7~8年前からしている500円玉貯金から買いました。

この500円玉貯金は、昨年の秋に一旦200枚、インスタントコーヒーの空き瓶に貯まっていたものを出し、新たに、財布の中に入ってきた500円玉を貯めだしたものですが、2月末で80枚になって、購入資金となったものですね。 500円玉80枚、すなわち4万円也。 

天賞堂のC51初期製品はお召機でなくても4万円位はしますから、たとえ不動でもお召仕様ならお買い得か。。。な。

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ