社長&スタッフブログ

2017.10.01

段ボールのC62 出現

 早いもので今日から10月です。

今朝、YAHOO NEWSを見ていると、またまた鉄道ネタが。 先日のD51ネタに続いて、今日はC62です。

福岡県の筑後市、九州芸文館というところに、段ボールで製作された、何と実物大のC62が昨日から10月15日まで展示されるとのことです。

実物大とは言っても、C62は旅客機では最大の機関車ですから、全長は20mを越える大きさですから大変。 よーこんなもん、作るわー。

船底テンダーの側板、底部みたいな巨大な板、まさか1枚もんやないやろなー。。。

                    C62の特徴をよく捉えていますし、各部がしっかりと作りこまれています

これを企画、制作したのは、段ボール工芸家の島英雄さんとあります。 段ボール工芸家という肩書もそんな職業あるんかと、感心しましたが、それよりもびっくりしたのは、島英雄というお名前です。英雄の英が違いますが、島秀雄となると、これは鉄道ファンはもちろん、そうでない人でも知っている、近代日本の鉄道、鉄道車両の父ともいうべき、元国鉄技師長を務められた偉大なる人物です。東海道新幹線の生みの親とも言われていますし、C62の設計者でもあります。

段ボール工芸家の島英雄さんは、もちろん、島秀雄さんとは同性同名だということはご存じでしょうが、このご縁で、段ボールのC62を企画制作されたのでしょうか?

一般公開が昨日から始まったとニュースにはありますが、写真で見る限り、シリンダーブロックのカバー、蒸機のシンボル、煙突がないのはどうしたことでしょうか?

私は10月半ばに九州に行く予定ですから、時間があれば見学して、その大きさに驚いてみたいと思います。。。

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ